株式会社オクムラ道路
下水道管渠更生工事/ガスパイプライン工事/道路工事
株式会社オクムラ道路
会社概要 事業紹介 管路更生工事 開発業務 施工実績
HOME > 事業紹介 > 下水道管渠更生工事 > 日本SPR工法
事業紹介 TOP
下水道管渠更生工事
 

ポリエチレンライニング工法
日本SPR工法

光硬化工法
ガス導管工事
道路工事
開発業務
施工実績
お問合せ
 
日本SPR工法
SPR工法SPR-PE工法オメガライナー工法
SPR工法
SPR工法は、老朽化した既設管路内に硬質塩化ビニル製のプロファイルと呼ばれる帯状の材料を、スパイラル状に供給し嵌合(かんごう)しながら更生管を製管します。
つぎに、既設管路と更生管(製管した管)の隙間に特殊裏込材を充填して、既設管路と一体化した強固な複合管として、下水管きょを更生する技術です。
 ■ 特 長
下水を流しながら施工が可能なため、本管内の仮排水は不要です。
(水深600o以下、もしくは管径の1/3以下)
機材は全てマンホールから管路内に入れるため、道路を掘り起こすことなく、
周辺環境への影響を最小限に抑えられます。
非開削のため土砂などの産業廃棄物の発生がなく、環境に優しい工法です。
円形、馬蹄(ばてい)形、矩形(くけい)などあらゆる形状の管渠を更生できます。
対応既設管径(円形:φ250〜5000o、非円形:900〜6000o)
工期、工事費ともに開削工法と比べ削減ができ、経済的な工法です。
 ■ 施工状況
施工の様子
SPR工法
※SPR工法について詳しくは、日本SPR工法協会のホームページをご覧ください。
日本SPR工法協会 ホームページ http://www.spr.gr.jp/spr.html
 
 
SPR-PE工法
■ 適用管径(既設管)
φ900〜1,500o


SPR-PE工法は、スチール部材で補強したポリエチレン樹脂を複合させた帯状部材(PEプロフィル)を既設人口内に設置した製管機で連続的に融着して既設管内に自立管を構築する工法です。


(協会HPより抜粋)
 ■ 特 長
既設管の強度を見込まないで自立強度を確保
非開削で水を流しながら施工可能
融着製管方式により完全な水密性を確保
ポリエチレン樹脂のため、耐食性、耐摩耗性に優れる
ポリエチレンによる一体管路となるため耐震性に優れる
  (協会HPより抜粋)
※SPR-PE工法について詳しくは、日本SPR工法協会のホームページをご覧ください。
日本SPR工法協会 ホームページ http://www.spr.gr.jp/sprpe.html
 
 
オメガライナー工法
オメガライナー工法は、老朽化したコンクリート、鋼管などの小口径管路の中に、あらかじめ工場でΩ状(オメガ)に折りたたんだ形状記憶塩化ビ二ール管を引き込み、蒸気加熱することで円形に復元させ更生します。
 ■ 特 長
円形の管渠を更生できます。
対応既設管径(自立管、二層構造管タイプ:φ200〜400o、ライニングタイプ:φ150〜400o)
更生材は(社)日本下水道協会の工場認定品で、現場で円形復元するだけで更生できるため、
品質が安定しています。また、有機溶剤を用いないために臭気の発生がありません。
機材は全てマンホールから管路内に入れるため、道路を掘り起こすことなく、周辺環境への
影響を最小限に抑えられます。
非開削のため土砂などの産業廃棄物の発生がなく、環境に優しい工法です。
工期、工事費ともに開削工法と比べ削減ができ、経済的な工法です。
 ■ 施工状況
施工の様子
※オメガライナー工法について詳しくは、日本SPR工法協会のホームページをご覧ください。
日本SPR工法協会 ホームページ http://www.spr.gr.jp/omega.html
 
 
株式会社オクムラ道路
〒552−0007 大阪市港区弁天6丁目1番3号 TEL : 06−6574−2361 FAX : 06−6572−5286
HOME 事業紹介 お問合せ
会社概要 下水道管渠更生工事 よくあるご質問
関連会社 ガス導管工事 サイトマップ
施工実績 道路工事  
  開発業務  
Copyright(C) OKUMURA DORO CO.,LTD All Rights Reserved.